シマボシレストレーションセラムの副作用危険度は?全成分の効果と安全性を徹底解析!

 

この記事ではシマボシレストレーションセラムの副作用についてまとめています。

 

レストレーションセラムに含まれる全成分を徹底解析して、効果や安全性を一覧でまとめました。

 

シマボシレストレーションセラムは非常に安全性の高い美容液ですが、どんな成分が使われているのか気になっている人は、この記事の内容をしっかり確認しておきましょう!

 

成分名 概要・効果 副作用危険度
人間の身体の6割は水分だといわれます。
プロパンジオール 水分量を増加させます。
ペンチレングリコール エモリエント作用があります。
ヒト脂肪細胞順化培養液エキス アンチエイジング作用に注目されています。
オリゴペプチド‐24 新陳代謝を促します。
オリゴペプチド‐34 美白効果が高いです。
オリゴペプチド‐41 保湿効果のある成分です。
アセチルヘキサペプチド‐8 しわの改善につながります。
ヘキサペプチド‐33 肌細胞の賦活作用があります。
デカペプチド‐4 肌細胞の賦活作用があります。
パルチミン酸アスコルビルリン酸3Na 美白効果のある成分です。
加水分解コラーゲン 肌を保湿します。
カルボキシメチルヒアルロン酸Na 保湿効果の高い成分です。
加水分解ヒアルロン酸 角層の水分量を増やして保湿につなげます。
セラミドNG 肌を保湿します。
セラミドNP しわを減少させます。
セラミドAP ターンオーバーが正常になります。
アデノシン環状リン酸 アデシノンの誘導体です。
ヒメフウロエキス 肌の弾力がアップします。
ビルベリー葉エキス 肌の酸化を防ぎます。
セイヨウオオバコ種子エキス 肌の透明感をアップさせます。
オウゴン根エキス 色素沈着を抑制します。
水添レシチン 乳化成分です。
フィトステロールズ 肌を柔軟に保ちます。
オリーブ果実油 肌を柔軟にする成分です。
(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル 肌を柔軟にします。
1.2-ヘキサンジオール 保湿作用のある成分です。
BG 保湿と防腐の両面の効果が得られます。
トロポロン 菌の繁殖を防ぎます。
ポリソルベート60 乳化成分です。
カブリリルグリコール 保湿と抗菌の効果があります。
キサンタンガム 食品にも使用される増粘剤です。

 

副作用危険度:当サイトの基準で記載しています

 

シマボシレストレーションセラムにはどのような成分が使用されているのか?

 

効果とその副作用危険度まで調査してみました。

 

ご覧の通り、シマボシレストレーションセラムは安全性の高い成分しか使用されていません!

 

香料・着色料・鉱物油・合成防腐・界面活性剤・シリコン・エタノールなどの添加物も一切使用していないんです。

 

レストレーションセラムは、医薬品レベルの管理で製造されている国内のGMP認定工場で製造されているので、信頼性も高いといえるんです!

 

私もシマボシレストレーションセラムを実際に使用してみました。

 

超敏感肌なので合わない化粧品が多いのですが、シマボシレストレーションセラムは肌荒れしたりせず問題なく使用することができました♬

 

コチラにシマボシレストレーションセラムを使用した私の口コミ体験談も記載してありますので、購入しようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

>>シマボシレストレーションセラムの口コミを確認!